スノボ上達のコツとは

>

コーチに教えてもらう

プロのインストラクターに教わろう

ひたすら一人でスノボの練習を続けることでもスノボは上達します。
しかし、誰かスノボが上手な人に教わることでより効果的に上達することが可能になります。
特に、プロのインストラクターの方はスノボ歴が長く、スノボに関する豊富な知識を有しています。
ですので、こうした方に指導を仰ぐことで満足な結果が得られるかもしれません。

では、どのようにすればこうしたインストラクターの方にスノボを教えてもらえるのでしょうか。
一番簡単な方法はスキー場にあるスキーやスノボード教室に参加をすることです。
こうした教室は初心者コースから上級者コースまでレベル分けされていますので、自分のレベルに合った指導を受けることが可能になります。

他の人でも大丈夫

プロのインストラクターに教えを求めることが一番効率的な方法ですが、なかなかそういった人を見つけるのは難しいです。
また、インストラクターに教えてもらう場合、別途その料金を支払う必要があります。
金銭的に余裕のある方であれば問題ありませんが、そうではない若い方は別の方法を考える必要があります。

そこでおすすめするのは、スノーボードの精通した知人に教えてもらうことです。
もともと知り合いの人に教えてもらうのであれば、プロのインストラクターに支払うような高い講習料金を支払う必要はありません。
しかしながら、たとえ知り合いであってもわざわざ指導をしてくれてはいますので、気持ちのこもったお礼はするべきだと思います。


この記事をシェアする