スノボ上達のコツとは

>

スノーボードの魅力とは

練習量を増やそう

スノボ上達のためにできる方法の一つに、スノボの練習時間を増やすというものがあります。
この方法は、一番シンプルで確実な方法と言えます。
ですので、スノボ上達に伸び悩みスランプ状態である方はまずこの方法を試してみることをお勧めします。

練習時間を増やすことでスノボ上達を図ることができるのには、しっかりとした根拠があります。
それは、学習曲線という経営分野で提唱されている研究結果です。
学習曲線とは、ある物事に触れる時間を長く持てば持つほど、その方法を忘れてしまったとしてもより短い時間でもう一度思い出すことが可能になるというものです。
簡単に申し上げると、より長い時間スノボに触れることでスノボの上達が期待できるというものです。

練習量を増やすのは難しい

しかしながら、このように練習量を増やすことはそう簡単ではありません。
プロのスノーボード選手や時間に余裕のある学生等しかスノボの練習時間を満足に増やすことはできません。
会社勤めをしているサラリーマンのような方の場合、どうしても練習時間を増やすことには限界があるでしょう。

では、どのようにすればこの問題を解決することができるのでしょうか。
解決方法は実はたくさんありますがここではその一部を紹介したいと思います。
その方法とは、スノボができるスキー場へ移動する際、深夜に運行している夜行バスを利用するということです。
例えば土日の休みであっても金曜出発で土曜朝のバスに乗ることができれば、土曜朝から最大で日曜の夕方までスノボの練習をすることが可能になるのです。


この記事をシェアする